ケノンでVIO脱毛をやってみる!毛の処理に用意するもの

前回は毛の処理の説明で終わってしまったので( ̄▽ ̄)
今日は毛の処理に必要な道具の紹介です!

剃ったあとの報告はごめんなさい!
次回に持ち越しですm(_ _)m

まずは、毛の処理に用意したものをざっとご紹介します。

左上から順に下へ・・・

  • ウェットティッシュ(水で濡らしたタオルでもいいかもしれません)
  • 広範囲用シェービング(よくある足や腕用のカミソリです)
  • 顔そり用シェービング(細かな場所を剃るようのものです)
  • ハサミ(これは小さくて絶対に先が尖ってないもの!)

右上から順に下へ・・・

  • 新聞紙
  • 鏡(自立して立つもの)

ざっとこれだけのものを用意すれば、スムーズに毛の処理が出来るはずです!

簡単に説明すると
ウェットティッシュは、毛をカットしたり剃ったりした後
皮膚に毛が付着したりするので、それをぬぐい取るときに使います。

広範囲シェービングは、へそ周りや足の付け根など、
平らな広い面をザッと剃るために使います。

顔そり用シェービングは、Vラインのカーブがかった場所や
IラインOラインの細かな部分に使います。

上の写真では見えづらかったと思うので、拡大しました『ハサミ』です。

毛の処理を行うのに、まずはある程度短くしないとカミソリが使えません^^;
なので、先に切れるとこまでハサミでカット!!!!

なので、より安全なハサミがいいと思います!
私は、鼻毛用ハサミを使いました。

ちなみに使用前・使用後はきちんと洗ってアルコール除菌しました◎

新聞紙は、毛の処理をする場所一体にバーっと広げて、
毛が散らばっても大丈夫なように敷きます。

鏡は、このように置いて使いました。

なんとまぁ。恥かしいですね~
実際は引くぐらい必死な体勢で剃ってますから^^;

これで毛を剃る準備は完了です♪

後は黙々とキレイに怪我しないように剃りましょう!
(私は、それでもちょこちょこっと出血させてしまいましたが・・・;;)

Iラインを剃るときは、とにかく皮膚を伸ばすこと!
たるんだままカミソリを沿わせると、結構な割合で出血します^^;
痛くはありませんが、見た目痛々しいです(;_;)

Oライン!!
もぉーっっこれが大変でした!難しい。
カミソリを皮膚に沿わせるのが難しく、角度をが合ってないと剃れない;;
剃れてるのか鏡で見ようと思っても確認しずらい。
ものすごくここに時間を使いました。。。

誰かに剃ってもらうわけにもいかないし。。。
(誰かお願いできる人がいるなら頼むのもよし!だと思います。それぐらい大変だった;)

とにかく剃った後はスッキリ爽快です!!
頑張ってください^^

あ、ちなみに私は毛をデザインして残すことなく

全剃り!!

しました^^

毛をある程度薄く・細くしたあとに、デザインする予定です。

では今日はこのへんで(´ー`)/~~

 

 

ケノンをお得に買うには?



コメントを残す